仮想通貨で資産運用中!仮想通貨に関する事様々つぶやいています。

仮想通貨の極み

ビットコイン ビットコインキャッシュ 仮想通貨

ビットコインとビットコインキャッシュの10倍ある価格差は今後どうなる?

更新日:

2017年8月1日にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインは分裂しました。

その結果ビットコインキャッシュが誕生し、ビットコインコア(ビットコインの事をビットコインキャッシュと区別するためこのように呼びます。以下同じ)とは別の暗号通貨となりました。

時価総額ランキングでも常に上位に位置し、2018年にはビットコインコアを脅かす存在になる事も予想されるビットコインキャッシュ。
今後ビットコインキャッシュがどうなるのか、それをビットコインコアとの価格差を元に予測してみましょう。

2017年8月1日誕生~8月前半

ビットコインキャッシュは、ビットコインコアからのハードフォークで8月1日に誕生しました。

ビットコインが2つに分かれるという事で様々な憶測を呼びましたが、ビットコインコア保有者には同枚数のビットコインキャッシュが貰えるとあって、ビットコインを買い増す人も多く、7月にはビットコインコアの価格が上昇する局面もありました。

8万円から値上がりした後、急落

当初ビットコインキャッシュの価格は8万円程度で、その後一時は10万円の値をつける取引所もありましたが、あっという間に急落してしまいます。
5万円、3万円、と下がっていき、2万円台でいったんは落ち着きました。

8月前半は10倍以上の価格差

誕生直後を除けば、ビットコインコアとビットコインキャッシュの価格差は10倍~16倍で推移しました。
※ここでいう価格差は、ビットコインコアの価格/ビットコインキャッシュの価格のことです。

ビットコインキャッシュに限らず、新たに誕生した暗号通貨がいったん高値をつけた後、市場価格が低迷するのは珍しくありません。
ところが、その後意外な動きを見せます。

2017年8月半ば~9月

ビットコインキャッシュは、単に「その他大勢」の暗号通貨に留まる事なく、その後躍進を続けていきます。
その様子を値動きを元に見ていきましょう。

10万円以上に上昇

ビットコインキャッシュは、8月18日には最大11万円まで上昇しました。
ここで注目したいのが、ビットコインコアとの関係です。

実はビットコインコアの方は、8月16日に50万円に肉薄していました。
その後下がっていくのですが、それに反比例するようにビットコインキャッシュの価格が11万円に上昇したのです。

価格差が10倍→4倍に!

その結果、それまで10倍以上あったビットコインコアとビットコインキャッシュとの価格差が、一時は4倍にまで縮まりました!
その後ビットコインキャッシュは7万~8万円程度で落ち着きましたが、価格差は5倍~7.5倍程度になりました。
その状況は、9月末まで続く事になります。

イーサリアムに次ぐ時価総額に

そしてビットコインキャッシュは、イーサリアムに次いで、時価総額ランキング第3位に長期間位置する事になります。
市場価格もイーサリアムを上回り、ビットコインコアに次ぐ価格を維持しています。

2017年10月~12月

そして、いよいよ2017年末にさしかかります。
ご存じの通り、この時期は多くの暗号通貨の価格が同時に値上がりしていきました。
ビットコインコアとビットコインキャッシュの関係も興味深い動きをしました。

10月、再び価格差が開く

2017年10月は、ビットコインコアの価格が50万→60万→70万と右肩上がりの時期でした。
一方のビットコインキャッシュはというと、逆にやや低迷していきます。
価格差も15倍~18倍と、大きく開いていきました。

11月、ビットコインキャッシュが追いかける

ビットコインコアの価格は11月に入り、多少の調整を見せながらもじわじわ上昇を続けます。
それに対しビットコインキャッシュが猛追を見せ、10月末には5万円程度だったのが7万~8万円になり、11月10日に15万円を突破してからは10万円~20万円を推移していきます。

瞬間的にですが、30万円ほどに上がりましたが、これは韓国の取引所が関係していたようです
他のアルトコインもビットコインに追随して上がっていたのでそれほど注目されなかったかもしれませんが、一時はビットコインとの価格差が2倍程にまでなり、11月10日以降は3.5~7倍ほどで推移しています。

ビットコインコアとの相対的価値を考えれば、2~3倍になっている計算です!

12月も続くデッドヒート

そしていよいよ12月!ビットコインコアが100万円、200万円と上昇していった時期です。
ビットコインコアの急上昇に対し、ビットコインキャッシュもついていきます。
価格差で見ると、12月前半は概ね10倍でした。

それが12月20日頃には40万円を突破しています。

ビットコインコアが200万円をキープしていた時期ですが、それでも価格差が4倍程度にまでなりました。

ビットコインコアの取引遅延が特に増えていた時期でもあり、取引がスムーズで手数料も安いビットコインキャッシュが注目を浴びた結果なのかもしれません。
このホームページでも動画で取り上げているロジャー・ヴァー氏の影響もあるのでしょう。

その後年末までは、ビットコインコアとビットコインキャッシュ共に価格の落ち着きを見せ、価格差は5倍程で推移していきました。

2018年の価格差は10倍を超えていない

2018年に入り、一旦上昇した暗号通貨全体の市場は、暴落ともいえる下落を見せました。
ここでビットコインコアとビットコインキャッシュの値動きを見ると、「おや?」と思いました。

2017年はあれほど価格差が大きく変動したのにもかかわらず、2018年に入ってからの価格差は5倍~8倍弱と、とても安定しているのです。
市場価格自体が半分以下になっているのに、両者が連動しているように下落しているという事ですね。

その原因や今後の行方はまだ分かりませんが、ビットコインコアのスケーラビリティ問題が全くと言っていい程解決されていない今、ビットコインキャッシュの存在が認知度を上げていく事も十分考えられます。

ただ、ビットコインキャッシュもビットコインコアと同様の課題を持っているため、必ずしもその予測が当たるとは限りません。
単に価格だけでなく、暗号通貨同士の関係に注目するとおもしろい発見があるかもしれませんよ。

-ビットコイン, ビットコインキャッシュ, 仮想通貨
-,

Copyright© 仮想通貨の極み , 2018 All Rights Reserved.